不要なのにどうしても捨てられないものは、使い道を考えてみる

賃貸暮らしのときに使っていた、換気扇フィルター。
油煙をたくさん吸収し、長期間使える特殊なものです。
特殊だから枠も専用のものが必要なのですが、当時はフィルター掃除が楽になるなら、と購入しました。

 

使ってみると確かにすごい吸収力で、なかなかフィルターが汚れません。
だから交換する頻度も低く、とても楽。
そのうえ、枠が細いのでベタベタ汚れている範囲が少なく、掃除もしやすかったです。
買ってよかったな〜と思える一品でした。

 

そんなフィルター、枚数が増えるほど割安になるので36枚も購入していました。
届いてみると想像以上に厚みがあり、保管場所をとることに気付いたんですけどね…。
IMG_8105

 

そんな中、予定よりだいぶ早く、マイホームを建てることになりました。
実は、新居の換気扇でも使えるはずだと思っていたのです。
だからたくさんのフィルターを購入していました。

ところが最新の換気扇は形も違うし、フィルターも不要なタイプでした。

 

結局、枠だけを処分してフィルターは天ぷら油などを処分するのに使うことにしました。
吸収力が抜群なので、油もたくさん吸うはず…と考えたのです。

でも油の吸収力はあまりなく、というかはじいてしまう感じで。
私の考えは見事はずれました。。

 

そうして大量に余ってしまっている、フィルターのストック。
あるとき「質感がざっくりしたスポンジみたいだ」と気づき、小さくカットしてシンクを掃除するのに使ってみたのです。

(わたしは掃除が大嫌いなので、排水溝を掃除するスポンジは使い捨てにしています。
非エコなのはじゅうぶん分かっていますが、排水溝スポンジ=汚い、というイメージがどうしても拭えなくて、食器用スポンジと並べて干すことに抵抗がありました。
あるとき小さく切って使い捨てにしてみたら、干すスポンジはひとつ減るし毎日新しいスポンジで気持ちが良いしで、ストレスにならなくなったのです。)

 

IMG_8106
するとこれが、意外といける。
スポンジとして使うのは心もとないけれど、使い捨てにはちょうどいいです。

 

小さくカットするのでなかなか在庫が減りませんが、別の使い道を発見できて嬉しい。

 

一気に捨ててしまうのが断捨離、だとは思うけれど
どうしてもできない場合は、こうしてアイデアを絞り出して使い切るのもあり、だと思います。
着なくなった服を切ってウェスにするのも、同じことですね。

 

処分するのに躊躇してしまったら、こうして別の使い道を考えてみるのもいいかもしれません。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です