子どもの帽子に、取り替え簡単なゴム紐を付けました

春先から日差しが強いので、外に出るときは子どももわたしも帽子をかぶります。

でも息子の帽子にはゴム紐が付いておらず、しかも少しサイズが大きいので、風で飛ばされることもしばしば。

飛ばされないよう手で抑えながら歩いたり、ときには帽子を嫌がったりするようになりました。

そこで、ゴム紐をつけることにしました。
(もっと早く付けてあげて)

 

取り替えしやすい一工夫

そのままゴム紐を縫い付けると、ゴムが伸びたときにまた縫い付ける手間がかかります。

そこで、ネットで調べた案「ボタンを縫い付ける」ことにしました。

 

 

だいたい子どもの耳より前くらいの位置に、ボタンを縫い付けます。
ボタンは余っていた、紫色のもの。
本当は白か青っぽいものが良かったけれど、サイズがちょうどいいものがなくて。

でも薄い紫なので、目立たず馴染んでちょうど良かったです。
DSCF1585
「縫い付ける」という簡単な作業。
ですが、糸が表に出ないようにするのが、不器用なわたしには少し大変でした^^;

 

そして、ちょうどいい長さに切ったゴム紐の端を、小さな輪っかに結びます。
DSCF1587

 

あとはボタンに引っかけるだけ。
DSCF1588

 

ボタンの縫い付けさえしてしまえば、あとは簡単でした。
そして今後もラクができるので、この一工夫はいいですね。

 

ちなみにリバーシブルの帽子ですが、片面しか似合わないので、この方法で問題なしです。

リバーシブルを生かしたい場合は、見せてもOKなかわいいボタンでも良さそうですね。
それに、ゴム紐付け替え可能なので、リバーシブルにこそ最適な方法かもしれません。

 

ゴム紐が付いたことで、息子も思い切り遊べるようになりました。
よかった、よかった^^




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です