花束のプレゼント![花のある暮らし]のきっかけになりそうです。

知り合いの方から、「妊娠おめでとう!」と花束をいただきました。
花束をもらうことって、めったにないので本当に嬉しかったです。

 

いただいた花束を飾ります

せっかくきれいにラッピングされている花束ですが、そのままでは枯れてしまうので、花瓶に生けなおします。

…でもちょうどいいサイズの花瓶がなくて、余っていた空き瓶に生けました。
DSCF1359
瓶は、パスタソースか何かが入っていたもの。
特におしゃれな瓶でもないのですが、容量が大きいのでなんとなくとっておいたんですね。

なんでもかんでも断捨離すればいい、というものでもないということを、また実感しました。
(以前にも…→ベビーフードの付属スプーンを再活用

 

 

花瓶として使うので、不要な蓋はゴミ箱へ。

見た目の美しい花瓶には劣るけれど、花があるので気にはなりません。
それに、間に合わせで花瓶を買わずに済んだので、家計にも助かりました

でもやっぱり、いかにも「空き瓶」なので、ひと工夫。
ラッピングのリボンを巻きつけてみました。
DSCF1362
ちょっと花束感も味わえて、嬉しい余韻を楽しめそうです^^

 

花のある暮らしのきっかけに

実は、ずーっと「花のある暮らし」がしたいと考えているのです。

独身時代も、結婚してからも「花のある暮らし」が一時期、続いたときがありました。
でも心と財布に余裕がないと、続かないんですよね。

 

今もまた花を飾りたいと考えていたのですが、そのうち里帰りするし…と自分に言い訳していました。

でも今回、花束をいただいて飾ったことで、何かスイッチが入ったような感じです。

里帰りするのは、順調にいったとして2ヶ月先のこと。
それまでなら、花のある暮らしを楽しめます。

 

ということで、ここで宣言!(しておけば続けられそうなので・笑)
花のある暮らし、はじめます。

きっかけを与えてくれた知り合いに、再び感謝です。

 

花束のプレゼントは、気持ちの表れかもしれません

今回、花束をくださったのは義母の親友です。
わたしもよくお会いするので、親戚のような感じです。

「妊娠」って、家族にとってはすごく大事な節目ではないでしょうか。
だからこそ、とても嬉しかったのです。

 

自分が贈る立場のとき、花を選ぶのって結構迷いませんか?
相手をイメージしながら、似合いそうなものを考えながら選びますよね。
だから花束って、相手を想っているという象徴でもあると思うのです。

 

もうすぐ母の日ですね。
母親のことを想いながら花を選ぶ時間って、けっこう幸せな時間ではないでしょうか。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です