Switchジョイコン充電を4台同時にできる!チャージスタンドのレビュー

まだ緊急事態宣言中の5月は、休校続きで、毎日任天堂Switchでゲーム三昧の子供達でした。

こまめ
子供の人数が増えると、ジョイコンの数も増えていくことに…

でも本体で一度に充電できるジョイコンの数は、2台までなんですよね。

それ以上に増えたジョイコンは充電待ちという状態になり、「充電できてないジョイコンは自分は使いたくない!」と喧嘩の種に。

そこで、ジョイコン4台を同時に充電できるというチャージスタンドを買ってみました。

Switchジョイコン充電器はあったほうが便利!

今年のゴールデンウィークには帰省もできなかったので、ばあばから「こどもの日用に」とお金が届き(ありがたき!)、それでジョイコンを追加購入しました。

これで我が家のジョイコンは、合計6台になりまして、子供3人なのでそれぞれ両手持ちできる=喧嘩を回避できてよかったな。と思っていたんですが。

今度は、充電できているか否かで揉めるんですよね^^;

任天堂Switch本体で充電できるのは2台だけなので、さらに外付けでチャージスタンドがあったらいいなと思っていました。

すると、結構格安であるんですね!

任天堂公式商品ではないものの、1500円くらいでチャージスタンドが買えました。

この充電器で4台、本体のも含めると、手持ちのジョイコン6台を同時に充電できるので、とっても便利です!

 

ジョイコン充電チャージスタンドのメリット・良いところは?

ジョイコン充電チャージスタンドのメリットや、買って良かったな〜というところをご紹介します。

まずこのジョイコンチャージスタンドは安いですし、かなりコンパクト。

設置してテレビ横に置いていても、存在感があまりありません。

こまめ
もちろん、LED照明が点灯している時は存在アピール凄いですが(笑)

充電中は赤く点灯し、充電完了すると緑色に変わる仕組みです。

説明書がなかったけど、感覚でわかるくらいシンプル。

そして、ジョイコン4台をスッと挿して充電するのも特にコツなどいらないため、4歳児でも出来ています。

個人的には、スイッチ本体にジョイコン挿すよりも簡単な気がします!

使うときは、チャージスタンドに付属のコードをSwitch本体のUSBハブに挿して、チャージスタンドと接続させるだけなのでとっても簡単です。

そしてやっぱり、ジョイコンをまとめて充電できる!というのが一番のメリットですね♪

ジョイコンの充電って結構時間がかかるので、夜間のうちに全部一緒に充電完了していると助かります。

ジョイコン充電チャージスタンドのデメリット・難点は?

ジョイコン充電チャージスタンドは、メリットばかりではないようで、、、使ってみて分かることってありますよね。

例えば、4本全部がチャージ完了の「緑ランプ」に変わった後も、子供の手が当たったりして少し刺激をしただけで、充電中の「赤ランプ」に変わることがあります。

↓これの逆ですね。

もしかすると初期不良だったり個体差があるかもしれないんですが、特に問題は感じてないのでメーカーに問い合わせなどはしていませんが…

お値段も安いので、ちょっと接触が悪いのかもしれないですね。

任天堂公式では一気にまとめてジョイコンを充電するチャージャーがないですが、「大切なSwitchだから純正のもの以外は利用したくない」という人は、このチャージスタンドは使わない方が安心かなと思います。

まとめ!Switchジョイコンチャージスタンドがオススメなのはこんな人!

任天堂スイッチのジョイコンを4台まとめて充電できる、チャージスタンド。

我が家では本当に買ってよかったな!と思うアイテムです。

なので我が家のように、

  • ジョイコンの数が多くて本体だけでは充電が間に合わない
  • 子供や家族みんなでSwitchを楽しむ
  • 予算はなるべく抑えたい
  • 簡単に使えるものがいい
といった人にオススメしたいです。

ただし、任天堂純正ではないですし接触が微妙な時もあるので、そこはお値段なりだと割り切ることも必要かも。

こまめ
ちなみにうちの夫も純正のほうを好むタイプ!
でも私が独断で押し切り購入しましたw
こまめ
でも、トータルで見ると我が家では買ってよかったです!マル!



お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください