羽仁もと子家計簿、来年の予算を立てました(一部公開)

一度挫折したものの、再び使い始めた羽仁もと子家計簿。
なんとなくコツがつかめてきたような気がしています。

そんなある日、婦人之友の家計簿講習会があったので参加しました。

そして後日、予算立て講習会があったのでそちらにも行ってきました。
自分家の来年の予算を、友の会の方に援助いただきながら立てるのです。
IMG_9808
「でも収入とか家計の中身が、人様に丸わかりなのは抵抗があるな〜。。」

と思っていたのですが、まったく気にされることもなく、ささっと素通りでした。
そりゃそうですよね。
他人の家計をいちいち気にしていたら、すすまない(汗)

 

今年のデータを元に、来年の予算が立ちました

わたしは既に、今年(の6月くらいから)きちんと羽仁もと子家計簿をつけて集計まで出していたので、来年の予算は立てやすかったです。
それをもとに、生活する上で不可欠な費目を埋め、そうでない費目はなるべく引き締めて予算を立てていきます。

ちなみに今の状態では、衣服費と外食費にかかりすぎていることが分かったので、来年はそこを意識して節約することにしました。

予算の立て方(簡易)

どのように予算を立てるか、簡単に説明しますね。

まず年収を書きます。手取りではなく、社会保険料や税金を含むすべての収入です(ボーナス含む)。
これは、社会保険料や税金にいくらかかっているかを知るために必要なことです。

次に年収を12等分します。

そこから、社会保険料や税金を引きます。
そして積み立て型の保険や、貯金額を引きます。

その残りが、ひと月の純生活費になります。

簡単すぎましたかね^^;
詳しく知りたい方は、雑誌「かぞくのじかん」に載っていますのでそちらを参考にされてくださいね。

 

我が家の予算を公開します

純生活費のうち、生活に不可欠な部分だけですが、我が家の予算を載せます。

副食物費 32,000
主食費 15,000
調味料費 5,000
光熱費 11,000
住居家具費 120,000
保健衛生費 40,000

(保健衛生費が高いのは、保険適用外の漢方薬を飲んでいるためです)

副食物費は、1日1,000円で予算を立てました。2,000円はお菓子代としています。
住居家具費には住宅ローンが含まれます。

それぞれの項目については、また追って記事にする予定です。
(その1→副食物費
その2→主食費
その3→調味料費
その4→光熱費・住居家具費
その5→衣服費・教育費・交際費
その6→教養費・娯楽費
その7→保健・衛生費
その8→職業費
その9→特別費・公共費
その10→自動車費




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です