ピュアな子供から学んだ!今年の目標、追加しました

こんにちは。
実は人見知りのNanaeです。

友人からの軽い誘いも、
「社交辞令かもしれない」と疑ってしまい、
結局会えないことも多いです。

でも今年は積極的になる!が目標なので
素直に受け止めます。
(→2015年の目標
目指せ、”リア充”です。
mitsuba
さて、そんな人見知りな母親の息子も
そこそこ人見知りします。

そこそこ、というのは場合によるということです。

 

恥ずかしくて親の足にしがみつき、
顔も上げられない時もある。

と思えば、ニコニコして手を振ることもある。

 

まあ普通ですよね。
たぶん大抵の子がそういう反応を見せるのではないでしょうか。

それでも、わたしが「子供から学びたい」と思ったのは
愛想の良さです。

いえ、四六時中しかめっ面してるわけではないんですが…

 

例えば子供がニコニコ手を振ると、相手の大人は
「かわい〜い^^」と手を振り返してくれるわけです。

そんなとき、わたしは
”す、すみません…(恐縮です)”
みたいな雰囲気を出しながらそそくさと退散してしまいます。

 

でもふと、思いました。
わたしのこの反応ってどうなんだろう?と。
相手にはどう うつっているのだろう?と。

せっかくのピュアな子供の行動を、
母親であるわたしが台無しにしているんじゃないか?
(考えすぎ)

まあ実際のところ、
相手はなんとも感じていないと思いますけど^^;

 

けれど、可愛らしい子供がいて
その母親も感じの良い人だったら
すごく印象がいいですよね。

だからわたしは、ピュアな子供の行動をみて
「もっと愛想よく!相手の目をみて、笑顔で!
を、今年の目標に付け加えることにしました。

(相手の目を見るの、すごく苦手なんです…)

 

「わかっていても、できないよ…無理だよ…」
と否定的だった今までの自分の考えを
ガラリと変えてしまう、子供の素直さ。

今回のことだけではなく、
大人が子供から学ぶことってとても多いですよね。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です