骨までほろほろ!圧力鍋で鯛のあら煮

まだ新鮮な鯛のあらが
半額だったので、迷わず購入してきました。

あら煮にしようかな〜と思い、
時短のためにと圧力鍋を使ってみました。

ちょうど圧力鍋のレシピ本にも載っていたので
それを参考に。

作りながらレシピ本を見ていたら、
なんと!
圧がかかってから35分と書いてあるではありませんか。

…時短にならなかった。

 

でもそのかいあって、
骨まで食べられるほどほろほろに出来上がりました。
IMG_0106
盛り付けるのにも
柔らかすぎてすぐ崩れるので、
見た目は失敗ですが。。

  • 骨まで食べられるのでカルシウムもとれるし
  • ゴミは少なくて済むし
  • 子供へ取り分けるのにも骨を神経質にとらずに済むし

で、一石三鳥だと感じました。

ついうっかりウロコの処理を忘れてしまったのですが、
骨と同じく柔らかくなって食べられました。
ただ、口当たりはよくないですが(苦笑)。

 

こっくり醤油味で、ご飯がすすみます。
焼酎か日本酒があれば最高でした。

一緒に煮た大根も、柔らかくとろりとして
味も染み込んで美味しかったです。

 

圧力鍋は、食材によっては柔らかくなりすぎますが
煮込みなどには味もすぐ染みて、最適です。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です