洗濯槽そうじには過炭酸ナトリウムが驚くほど効果的でした!

家事のなかで、掃除が一番嫌いなnanaeです。こんにちは。
↑って自慢じゃないですけどね…

 

梅雨の間に、やろうやろうと思っていた、洗濯槽の掃除。

なのに、掃除嫌い&ズボラな性格が邪魔をして、
とうとうお盆が過ぎてしまいました。

 

先日、やっと重い腰が上がりましたので、記事にさせてください。

 

 

もちろん今までも、洗濯槽のそうじはしていたんです。
でも、俗に言う「ぴろぴろわかめ」がほとんど出なかったんですね。

「うちは洗濯槽の黒カビが出ないから〜」とか豪語していました。

 

ところが、今回は驚くほどたくさんの黒カビが出てきまして!

初めて過炭酸ナトリウムを使ったから?かと思ったんですが、
過炭酸ナトリウムって、酵素系漂白剤のこと。

今までも酵素系漂白剤を使っていたし、
塩素系漂白剤も使ったことあるけど、
ここまで効果が出たのは初めてでした。

 

今回使ったのは、これ。

 

もしかすると、今までは要所要所がおさえられてなかったのかもしれません。

 

水温は50度を守るべし

…といっても、きっちり50度ではないですが。

まず、子供達を寝かしつけた後。
ぬるくなった残り湯をせっせと桶&タライを使って、洗濯機に運びました。
(残り湯汲み取りホースは苦手で使わず、断捨離したので)

せっせと運ぶのも、ちょっとした運動になる気がして好きなのです(笑)

 

高水位まで残り湯を入れたら、
それだけでは50度には届かないので、
さらに沸騰させたお湯を1.2リットルくらいかな、洗濯槽に注ぎました。

熱湯ですが、洗濯槽にはぬるま湯がたっぷり入っているので、洗濯槽を傷つけることはありません。

 

水位はたっぷりと

高水位にするのは当然なんですが、もう、かなりギリギリのところまで入れました。

 

しっかり攪拌させるべし

50度&高水位のおかげか、過炭酸ナトリウムを入れたら、すぐにシュワシュワーっと泡が立ち始めました。

今まで、こんなにシュワシュワしたことないかもしれません。

ということは、今までずっと水温が低かったのかな。

 

過炭酸ナトリウムは、比較的 水には溶けやすいんですが、それでもしっかり2〜3分洗濯機をまわして、攪拌させました。

 

その結果…

攪拌させるとすぐに、汚れが浮いてきました!
これがあの、ぴろぴろわかめか!
とおもわず写真に撮ってしまったほど。

(一応、小さめ写真でセピアにしました)
DSCF3900

この後、一晩おきました。
(本当は2〜3時間でいいらしい)

 

翌朝、汚れを丁寧にすくいとって脱水。
この汚れをしっかり取らないと、すぐまたカビやすいんだそうで。

でも取るのも、結構大変でした〜。

全部は取りきれなかったから、また近いうちに第二弾をやりたいと思います。

* * *

掃除は嫌いだけど、掃除してキレイになるのを実感するのは大好き!
だったら、そのキレイを持続させるために、こまめな掃除ができるようにならないとですね〜( ̄▽ ̄)




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です