腸内フローラに!脂肪ゼロのクリーミーなヨーグルト

腸内フローラって、いま流行りの言葉ではないでしょうか。

腸内環境を整えると、健康にも美容にも良いことだらけ!なんですよね。

そのためには、色んな「菌」を食べるのが大事。
納豆、味噌、醤油、麹、漬物などなど、日本では当たり前の食事や、
ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌も忘れてはならないですね。

 

ところがわたし。

納豆とか味噌など、よく食べているはずなのに、お通じがないことが多々あります。
独身時代は便秘しすぎて、お腹が痛くなることもしょっちゅうでした。

 

そこで、最近はヨーグルトを毎日食べています。
しかも1日1回では足りず、1日2回です(朝と夕ご飯のあと)。

だからヨーグルトの消費量が早い早い!
1回につき150〜200グラム食べますからね、あっという間になくなっちゃいます。

 

そんなとき、モラタメさんでヨーグルトが当たりました!
DSCF3051

 

しかもこんなにたくさん!
すごーくありがたいです。
DSCF3052

 

ふむふむ。生乳から作られた、脂肪ゼロなんて女子には嬉しいじゃないですか!
しかも「クリーミー」ってなんだか惹かれる商品名ですね。
ちなみに生乳(なまにゅう)って読むらしいですよ。
DSCF3054

 

 

すくってみると、とろ〜りクリーミ〜…ですが、思ってたんと違いました。
とろ〜んと伸びるような、粘度の濃いのを想像していたんです。

確かにクリーミーではあるものの、粘り気はありません。
だからスプーンですくって器に移すのも、ノンストレス!(粘り気があると、容器のフチとかに垂れてしまうんですよね)
DSCF3269

 

義母お手製のイチゴソースと、オールブランフレークをかけていただきます。
DSCF3271

これ、気に入りました!

  • クリーミーで口あたりまろやか
  • コクのある味わい
  • 酸味がなく、とても食べやすい。フルーツソースや蜂蜜などかけなくても食べられます。

 

ちなみにですね、この珍しい三角形の容器にも秘密があるようで…
DSCF3054

そのまま注げるパッケージを追求した結果、三角型のパッケージを採用しました。残ったヨーグルトをかきだせるよう、スプーンの柄に合わせて角度を調整しています。

だそうですよ。
小岩井さんのヨーグルトは、すべてこの三角形の容器に入っているんですって。

 

食べやすく、脂肪ゼロも嬉しいこの生乳(なまにゅう)ヨーグルト
お店で見つけたら買います!

 

* * * * *

 

そうそう、毎日2食ヨーグルトのおかげで、最近はちゃんとお通じあるんです。
これからも続けていきます!




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です