靴は見せる収納ではなく、見える収納に。

玄関って、その家の顔ですよね。
だから来客のためにも、運気アップのためにも、一番綺麗にしておくべき場所です。

なのに、うちの玄関の収納スペースは、ずっとごちゃついたままでした…
扉があって、いくらお客様の目につかない場所だからといっても、風水的によくないですよね。

 

あまりにごちゃついているので、どこから手をつけたらよいのやら…

だったんですが。
先日物置を購入したので、シーズンオフの外回り品はそちらへ移動させ、少しはすっきりしました。
(これでもね…)
DSCF2959

 

そしてまずは、冠婚葬祭や普段履きでない靴の箱を、変えることにします。

 

 

靴の箱は同じ種類で揃える

普段履きではない特別な靴たちは、靴を買ったときの紙箱に収納していました。

ただそれだと、中身が見えずに不便なので、側面に写真を貼って識別できるように工夫して。
DSCF2961

紙箱は一応、シンプルなデザインで丈夫なものをチョイスしていたんですが、それぞれサイズが異なるため、どうしてもごちゃついた印象になりがちです。

 

そこで、ダイソーシューズボックスを購入してきました。
蓋付きで100円(税抜き)です。

サイズは、シューズボックス1はメンズやヒールの靴、2はレディース靴、3はキッズ用の3種類ありました。

わたしが買ったのは、シューズボックス1と2です。
DSCF2950

 

底には新聞紙を敷いて(脱臭&吸湿のため)、靴たち総入れ替え。

一番使いやすかったのは、シューズボックス1でした。
レディースのショートブーツも入るし、子供の靴は2足ずつ入ります。
(ただしメンズのショートブーツは、片方ずつしか入りませんでしたが…)
DSCF3007

 

全ての紙箱を入れ替えてみても、んん?少しはスッキリしたでしょうか…。
DSCF3008

 

この収納のメリットは、

  • 中身がパッと見てすぐわかる
  • サイズが揃っているので、数が増えても整理しやすい
  • 子供用も大人用も、同じように収納できる

だと思います。
やはり、一目瞭然なのが最大のメリットではないでしょうか。

 

その代わり、逆にデメリットもあって

  • サイズが揃っているとはいえ透けて見えるので、すっきりシンプルな収納とはいえない
  • 通気穴がなく、通気性が悪い(と思います)

ですが、通気性については、密閉容器ではないので問題ないような気がします。
底に敷いた新聞紙で、吸湿性はカバーしているつもりですし。

透けて見えるのも、「見せる収納」ではないから平気ですね。
というか今回の収納の場合は、「見える化」させる目的でしたからね。
扉があって、普段は隠れている場所ですから。

 

* * * * *

 

そもそも、玄関って靴や傘以外に何を収納すればいいんだっけ…?
と分からなくなってきました^^;

そんなときは、こちらを参考にします。
トラコミュWEB内覧会*玄関

 




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です