クックパッドと貝印の共同開発商品[小さなフライ返し]を買ってみました

キッチンツールは、なるべくブラック系で揃えています。

ブラック系にするメリットは、

  • 見た目シンプル。特に、コンロの上に引っ掛け収納していると目に付くので、オールブラックだと気持ちがいい。
  • トマトやカレーなどの色素沈着しにくい。ただし素材によっては、茶色っぽく?色が残る場合もあり。

 

ただ、フライ返しだけは鮮やかなオレンジ色だったんです。
5年前くらいに買った、キッチン雑貨の福袋に入っていたOXOのソフトターナー。

すっごく使いやすくて、特に卵焼きを作るときなど重宝していたんですが、だんだん劣化してきました。

そこで、買い換えるならブラックにしよう!と思っていたのに、ちょうどブラックはどの店舗でも在庫切れ。

あーあ。

と悔やんでいたときに見つけたのは、クックパッド×貝印の共同開発商品だという「小さなフライ返し」でした。
DSCF2779

 

 

小さくて柔らかめ。OXOソフトターナーとの比較

まず、見た目はブラックで合格です。
DSCF2777

気になったのは、そのサイズ。
小さい = 小回りがきいて使いやすいのかも?
と思いました。だって、共同開発ですし。

 

OXOターナーと比較してみると、ひとまわりコンパクトですね。
DSCF2780

OXOターナーのお気に入りポイントの一つである、返し部分が上向きのまま置けるところもクリアです。
この状態は、そのまま置いても調理台が汚れなくて便利なのです。

でもグリップ部分も浮いていて、ちょっと不安定な気もします。。
DSCF2783

返し部分は、OXOよりもっと薄くて柔らかく、わたしにはちょっと使いにくかったかな^^;

 

この「小さなフライ返し」も使っていますが、結局はOXOのソフトターナーのほうが出番が多いです。
小さいサイズは、わたしにはメリットが感じられませんでした(今のところ)。

 

ソフトターナーの使い心地については、いずれまた記事にしたいと思います。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です