災害にもシンプルな暮らしが一番かもしれない

まだまだ余震の続く、熊本地震。

被災してはいませんが、我が家も揺れました。

大きな揺れは、2晩続けて2回。
子ども達は寝ていたんですが、どちらも夫が不在で不安でした。

自分一人だとしても不安ですが、守らねばならない小さな命があるのもまた、不安でたまらなかったです。

 

地震といえば、危険なものは色々ありますが、まず一番に頭に浮かぶのはタンスなどが落ちてくること。

我が家には背の高いタンスがないので、寝室に危機感を持っていません。
背の高い棚はキッチンの食器棚と、最近購入した無印良品のユニットシェルフのみです。

これらにはまだ、地震対策(天井や壁に固定して倒れないようにする)をしていませんが、早めに対処しようと思います。

 

そのほかには、オープン棚の上のものが落ちてくること。
これも、粘着テープで固定したり置くものを厳選したりと、対策が必要です。

 

そんなふうに家の中のことを考えていたら、物が少ないのがベストだと気付きました。

わたしの永遠のテーマ、シンプルな暮らし。
憧れはミニマリストですが。

物が少なければ少ないほど、家の中限定ですが、被災したときの危険も減るのではないでしょうか。
その後の後片付けも楽でしょうしね。

 

「ものの少ない暮らし」が一番だと再認識しました。

 

が、まずは「防災グッズ」を準備せねば…

そのうち、そのうちで未だに準備していないのです。
乳幼児がいるので、オムツや粉ミルク、非常食や暖をとるものなどは必須ですよね。

 

まだ余震が続く九州。
さらに震源域が移動すると懸念されているようです。
一刻も早く事態がおさまって、平常が戻ることを祈っています。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です