[無印良品]のタオルハンガー用フックを、DIYしたシンクのバーに付けました

ものすごい冬将軍が日本列島に居座っている、この週末。

我が家は九州ですが、生まれて初めての大雪に驚きつつも、テンションも上がっています。
息子と夫は、雪の中 雪だるま を作っていましたよ^^

 

さて、いつぞやに購入した、無印良品アルミ タオルハンガー用フック
4548076281641_400

これを、以前キッチンのシンク前にDIYしたステンレスバーに取り付けました。
(→物を置かないキッチンを目指す。スポンジの吊るし場所を変えて、よりスッキリ空間に。

 

 

サイズがちょこーっと小さかった

サイズについては、分かったうえで購入していたんですが。
案の定、ステンレスバーに対してフックの穴が小さかったです。
DSCF2467

 

そこでマイナスドライバーで、内側のシリコンを外しました。
DSCF2470

DSCF2471

 

これをするりとステンレスバーに通し、再びカウンターに取り付けました。
DSCF2472
でも内側のシリコンは、やっぱり意味のあるものだったんですね。
シリコンがなくなったことで、フックがするすると動きすぎて少し使いづらいのです。

 

見た目にはシンプルでいいんですけどね。
やはり、スポンジやたわしなど、毎日何度もさっと使いたい物に関しては、見た目より使い勝手のほうが大事です。

 

ということでこんなふうになりました。
哺乳瓶の乳首ブラシも毎日何度も使うけれど、ひっかけやすいので無印のフックにかけています。

輪ゴムを引っ掛けるフックができてよかった。
DSCF2473

 

シンク前の全貌

ちなみに、普段はこんな状態です。
ポンプは、右から食器用、手洗い用、哺乳瓶用です。
左端のピンクのブラシは哺乳瓶用で、その奥は除菌ウェットティッシュ(台拭き用)です。
DSCF2476
こうして写真にすると、結構ごちゃごちゃしているのがよくわかりますね…。
けれど哺乳瓶用があるうちは仕方ないかな。

 

今スポンジやたわしをかけているフックが劣化してきたら、無印のフックで揃えたいと思います。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です