【手作りおもちゃ】ドイツNICの”プラステン”もどき

半年以上前のことなんですが…。
写真を撮りためていたので、ご紹介させてください。

去年の秋頃は、手作りおもちゃ作りにハマっていて、こんなものも作っていました。
DSCF1508

ドイツのおもちゃブランドNIC(ニック)の、プラステンを真似したものです。
本家はこちら↓

子供の想像力によってはいろんな遊び方ができるようで、なんだかとっても良さそうなおもちゃ。

でもお値段も、結構いいんですよね…。

 

しかーし!
この時のわたしは「手作りモード」中だったので「これは作れそうな気がする」と、ネットで色々と検索しました。

そうすると思惑どおり、DIYの得意な方々が手作りしていらっしゃいまして。

それらを参考に、わたしも作ってみることにしました。

 

プラステンもどきの材料

IMG_0052

一番悩んでいたのは、ドーナツ状のパーツをどうやって作るか…だったんですが、
ホームセンターに行くと、中がくり抜かれて筒になったものが売られていました^^

子どもの手につかみやすそうな大きさの筒を選び、
その空洞をらくらく出し入れできる程度の太さの棒を決めました。

トータル、668円です。
(その他、自宅にあった材料は含まず)

色はつけないことにしたので、ペンキ代も要りませんでした。

 

さっそく作っていきます

まずは、ドーナツ状のパーツから。
筒を1センチずつにカットしていきます。
IMG_0053
…が、この作業が想像以上に辛くて!
おさえている左手がすごく痛かったです。(え、そっち?)

無理すると腱鞘炎になりそうだったので、パーツ8個で一旦やめ。

しかもしかも、まっすぐカットできずに歪んだパーツばかりになってしまいました。

きちんと押さえてまっすぐ切れるよう、専用の道具が必要かもしれません。

 

 

気を取り直して、土台のほうに取り掛かります。

板と棒を、ただ接着剤でくっつけるだけではすぐ折れそうなので、木ダボで補強します。
(木ダボは、絵本棚の改造で学んだ技術!)
IMG_0054

それを、木工ボンドでくっつけていきます。
IMG_0055
↑一人遊びに飽きた息子が、iPhoneでパシャパシャ撮っていた中の1枚。
奇跡的に、作業中の様子がきちんと写っていたので採用しました^^

 

ボンドがしっかり乾くまで、まる1日放置して、完成です。
DSCF1508
いや、正しくは未完成ですね。
ドーナツパーツが全然足りないので^^;

ただ、もうこのおもちゃは、2歳9ヶ月の息子はほとんど遊ばなくなりました。

だから、次の子どもが遊べる年齢までには完成させようと思います。
そのときは、4色パステルカラーなんかで塗ってもかわいいかも^^




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です