パーカーの紐って必要?

おそらく誰もが1着はお持ちの、パーカー。
IMG_0131
カジュアルスタイルはもちろん、きれい目にも使えますし、首回りにボリュームが出て明るい印象になります。

それに、首元が温かいという機能性にも優れた、万能アイテムですよね。

それにしても、フードにつながった紐。
これって必要なんでしょうか?

 

そもそも紐はどうしてついているのか

パーカーはもともと、イヌイット(エスキモー)の防寒具でした。
もちろん素材はスウェットではなく、トナカイなどの毛皮だったようですが。

首元の紐をしぼり、寒さから身を守っていたわけですね。

それがいつしかファッションの一部になり、紐はただのおしゃれ、つまり飾りとなったのです。

 

でも紐があると邪魔なことも

IMG_0132
わたし、パーカーの紐にはネガティブな要素しか思い浮かばないのですが。
例えば

  • 顔を洗うとき、ついうっかり水に浸けてしまう
  • 同じく、食事中にミートソースをつけてしまうことも…
  • 子供が引っ張ってイタズラする
  • アクティブな動きをしたとき、紐の先が目にあたる人もいるらしい

などなど。

特に、子供にイタズラされる頻度が高すぎてストレスになっています。

片方をぐーーーっと引っ張られ、フードは絞った状態になり、もう片方の紐は危うく穴の中に隠れるほど。

でもパーカーは温かいし、手軽に羽織れるアイテムなので手放すわけにはいかないのです。

 

というわけで、結論

紐を外してしまいましょう。
IMG_0182
この写真ではバランスが悪くなったような感じがしますが、着てみると案外、気にならないものです。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です