無印のラップケースが使いにくい人のために。ちょっとしたコツがあります。

食品ラップ、引き出しにしまっていますか?
見える場所に出していますか?

わたしは動きやすさ重視で、見える場所に出しています。
だからできるだけシンプルな見た目にしたくて、
無印のラップケースを使っています。
IMG_0071

金属刃が鋭くて、切れ味バツグン!
IMG_0072
…というイメージでしたが、
使ってみると切れ味悪すぎる。

商品レビューを見ていても、
「切れ味最高!」という人もいれば「悪すぎる」という人もいます。
この180度違う意見がすごく気になりました。

無印のラップケースはずいぶん前から販売されている、
定評ある商品のはず。

それならば「使いにくい」と感じるのは
その使い方に問題があるのでは?と思いました。

 

そこで、いろいろと試してみました

  • 一番最初は、同じく無印のラップを使っていました。
    →とにかく切れ味が悪い&中身が飛び出してくるので、ラップが悪いのか?
  • クレラップに変えてみました。
    →ラップの質は良いようだが、切れ味がよくなったようには感じられない。
    むしろくっついて使いづらい。
  • 無印のケースをやめて、クレラップの箱ごとで使ってみました。
    →すごく切れ味がいい!と感動!
    でも、ささっと引き出すことができないので、
    ラップ箱の口部分にくっつく機能がわたしには不要だった。
    それにラップ同士がくっつくと剥がすのがとても大変。
  • それならPB(プライベートブランド)のラップは?
    →ラップ自体は無印ラップと同じような感じ。薄くて、食器への密着度は低い。
  • PBラップを箱ごと使ってみる。
    →ひょっとして、この箱ならいけるかも?と期待していたが、切れ味はイマイチ。

このように紆余曲折して、結局
無印ラップケースに戻ってきました。

そして改めて使ってみると、ちょっとしたコツがあったようです。

 

無印ラップケースのコツ

ラップの入れる向きに注意してください。
クレラップやセロテープのように、上から引き出すのではなく
下から引き出します
IMG_0073
こうすると、中身が飛び出してくるのが防げるんです。
切るときは、ぐっと端に力をこめて一気に切ります
ラップを手前に、ケースを奥に、ひねるように。
IMG_0101
サランラップやクレラップのように、
食器に乗せてから…というのは難しいです。

この2つのコツをつかんでから、
無印ラップケースを使うのが楽しくなりました。

 

ラップの材質

ラップには3つの種類があります。
ポリ塩化ビニリデンと、ポリエチレンと、塩化ビニール。
その中でわたしは前者2つしか使ったことがないので、
それについて述べますね。
(参照→http://www.hou345.com/infm/7_rappu.htm

ポリ塩化ビニリデン

サランラップとクレラップがこの材質でできています。
少し厚手で、食器にぴったりくっついて、熱にも強いというのが特徴。
匂いも通しにくいようです。

わたしの母はサランラップを愛用しています。
食器にぴったりくっつくのがお気に入りなんだそう。
けれどわたしは、それがいやで使っていません。

機能性が高いラップなので、比較的高価ではあります。

ポリエチレン

無印ラップやPBラップなど、安価なものです。
非塩素系で、環境に優しいのがうれしい。

薄くてぴったりくっつきにくいけど、
そこそこ密着度もあるので
食品を包むのには特に難ありません

熱に弱いので
油性の強い食品を包んでレンジに入れると、
溶けることもあるようです。

それさえ注意すれば、特にデメリットも感じないので
わたしは気に入っています。

 

おわりに

確かに切れ味はクレラップが群を抜いていますが
無印のだってコツをつかんで慣れれば、なんてことありません。

ラップは丈夫で、よくくっつくタイプでなきゃ!
というこだわり派でなければ、
無印ラップケース&ラップはおすすめです。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

4 件のコメント

  • 「ラップの入れる向きに注意してください。クレラップやセロテープのように、上から引き出すのではなく下から引き出します。IMG_0073こうすると、中身が飛び出してくるのが防げるんです。切るときは、ぐっと端に力をこめて一気に切ります。ラップを手前に、ケースを奥に、ひねるように。」「サランラップやクレラップのように、食器に乗せてから…というのは難しいです。この2つのコツをつかんでから、無印ラップケースを使うのが楽しくなりました。」とあります。
     「クレラップやセロテープのように、上から引き出すのではなく下から引き出します」←ここがポイントらしいのですが、ホントですか?「下から引き出す」というのがよくわかりません。鵜呑みにしてやってみたら、つぎに引き出す際、くっついてしまって、えらい難儀してしまいました。 

    • >逃太郎さん
      コメントありがとうございます。
      結論からいうとですね、コツをつかんでも、サランラップなどの容器ほどは切れ味バツグンにならないです(汗
      わたしはそれでも支障なく使ってますが、たま〜に使う夫からは、毎回クレームがあります^^;

      もうちょっと詳しく説明した記事をまた書きましたので、
      ご覧になってくださいませ。
      http://soboclip.com/post-3897/

  • お返事ありがたく拝見しました。「もうちょっと詳しく説明した記事」も拝見しました。結論(わたくしのばあいですけど)。素のままで切れ味が悪いということはぜんぜんない。気持ちよいほどよく切れます。反対に入れて、くっついてしまったのをはがすのは極めて困難です。
    なんか因縁つけてるみたいですけど、決してそういうことではありません。気を悪くしないでくださいね(お願いします)。ひきつづき情報提供よろしくおねがします。
    それでなんですけど、銀紙のフォイルのケースってないんでしょうか。サイズ(幅25センチ)に合うのが見つかりません。ご存知ありませんか?

    • >逃太郎さん
      とんでもないです。コメントありがとうございます。
      ひとつ思ったんですけど、使ってらっしゃるラップは、サランラップやクレラップのように密着度の高いものでしょうか…?
      もしそうなら、くっついてはがすのも一苦労だと思います。
      無印ケース+サランラップは、わたしも使ったことありますが、相性悪いんだな〜と感じました。
      無印やスーパーのPBのラップのような、密着度は低い薄いラップだと、はがすのは容易なんです。

      それからアルミホイルですね?わたし、盲点でした^^;
      ラップはケースに入れているけど、アルミホイルはそのまま使っています…
      というのも、アルミホイルはIHクッキングヒーター下の引き出しに入れているので、普段目につかないからなんです。
      で、ちょっと調べてみたんですが、逃太郎さんのおっしゃるとおり、25センチに合うものって30センチサイズしかないみたいですね〜
      それだと幅が余り過ぎちゃいますしね…

      お役に立てず、すみません^^;
      でも無印に、「25センチのケースも出してほしい!」と願っている方々もけっこういるようなので…いつか商品化されるといいですね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です