素朴な朝ごはん。朝は時間も食欲もないけどしっかり食べたいですよね。

わが家の朝ごはんは、大抵いつもこんな感じです。
DSCF0939

素朴。質素。

いろんな家事を同時進行させながら行う、朝食の準備です。
(といっても専業主婦なので余裕はあるんですが)

おなかがすいたと子供にも急かされ、時間がないので、だいたい前日の残り物になることが多いです。

 

ある日の朝食も、

  • 前日多めに作っておいた味噌汁
  • 残り物おかず
  • 漬物や佃煮など常備菜
  • ごはん

という献立でした。(献立とも言えないかも)
でも一応、一汁三菜になっているし、ご飯も味噌汁も食べているから腹持ちはいいです。

 

素朴、質素、簡素

豪華な食材やご馳走に馴染みのある現代ですが、昔の日本の食卓は、こんなものだったのではないでしょうか。

結局のところ、質素な食事の後はからだも軽くて動きやすいですし。
一番、日本人のからだに合っている気がします。
ちょっと強調したいのは、「簡単」ではなく「質素」であることです。

簡単な食事というと、パンとコーヒーだけ。野菜なし。タンパク質なし。というイメージがありませんか?
そうではなくて、バランス良くローカロリーな、和な食事 = 質素 であると考えているのです。

 

本当は3食とも質素な食事がいいんでしょうが、昼や夜はハイカロリーなものを食べることも多いです。

だからこそ、朝のはじまりである朝食は、質素な素朴な食事をいただきたいですよね。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です