暑い夏にはコレ![カルピス]は濃いめ派?すっきり派?

お盆も終わりますねぇ〜

少しずつ最高気温も下がってきて、夜なんかはエアコンなくてもいいくらい。

ですが、まだまだ日中は暑く、気が抜けません。
水分補給は大事ですね!

暑いからって体を冷やしすぎないよう、常温のお水や三年番茶を飲んでいます。

 

でも、ゴクゴクと冷たくて甘いのが飲みたいときだって、あります!!

 

まだ夏に入ったばかりの7月下旬、モラタメさんからカルピス2種類をお試しさせていただいたので、レビューいたします。

 

本当はそれぞれ2本ずつあったんだけども、家族全員で公園に出かけ、帰ってきたところへちょうど届いたので、思わず1本飲んでしまいました!
コップに氷を入れて、5人で分けました^^

 

濃いめのカルピス

カルピスって、自分でお水で希釈して作りますよね。
わたしは昔から、濃いめが好きです。
というか大抵の人がそうだったんでしょうね。

わざわざ濃いめ仕立てのカルピスが発売されるくらいだから!

宮古島の「雪塩」をひとつまみ加えることで、風味全体を引き締め、濃いめの「カルピス」を飲みやすい後味に仕立てました。濃い味わいで満たされながら、くつろぎたい時やリラックスしたい時にぴったりです。

ってことで、濃い味を楽しめるんだけども、後味すっきりさわやかです。
塩っぱさは感じませんでした。

nanae
これぞ夏の味よ!!と思いました

 

ゼロカロリーのカルピスすっきり

こちらは、冷蔵庫に入れておいて、外から帰ってきて飲みました。

まだ7月の午前中だったけど、公園はおそろしく暑かったです…!
遊具とかカンカンに熱くなって、遊べる場所じゃなかったです。

というわけで、ソッコーで帰ってきて(というかただの散歩)カルピスタイム。

(待ちきれずスタンバってる子供たちと)

 

これは、すっきりと謳ってるだけあって、ごくごくとすんなり飲める感じでした。
甘さは控えめで、コンセプトどおり「喉が渇いたときの水分補給」にぴったり。
塩っぱさもほんのり感じます。だから汗かいたときには、ほんといいね!

「カルピス」の爽やかなおいしさを、ゼロカロリーで楽しめる乳性飲料です。「カルピス」に相性の良い塩を加えて風味全体を引き締めるとともに、甘みを残さないすっきりとした後味に仕立てました。喉が渇いたときの水分補給や、気分転換したいときにぴったりです。

冷凍しておいて、アウトドアなんかに持っていくのも良さそうです。
(ペットボトルを冷凍するときは、中身を少し減らしてからでないと破裂する可能性がありますが)

 

すっきり&濃い目の違い

パッケージ裏の原材料名を見てみると、こんな感じ。

写真左がすっきりゼロカロリー、右が濃いめです。

ゼロカロリーのほうは、まあそうでしょうね、人工甘味料でできてる感じ。
濃いめのほうは、砂糖類が一番にきています。

 

ちなみに普通のカルピス(希釈するタイプ)の原材料は、乳、砂糖、香料、大豆多糖類というシンプルさ。(家にありました)

 

イベントには濃いめ、スポーツにはすっきり

飲み分けとしては、花火大会とかバーベキューなどのイベントごとには濃いめで味を楽しんで、スポーツなど汗をたくさんかくときなどには、すっきりのほうをゴクゴクと飲むのがいいかな〜と思います。

nanae
あ、あとダイエット中にもすっきりがいいですね、ゼロカロリーだし^^

 

カルピスには乳酸菌と酵母のチカラがある!

そうそう、忘れてたけど、カルピスって乳酸菌飲料なんですよね。
だから、からだにも嬉しい。

 

今年の夏、まだこれからも子供と一緒にカルピスを楽しみたいと思います^^♪




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です