羽仁もと子家計簿の費目:教養費・娯楽費

羽仁もと子家計簿の費目について、ひとつずつ説明していくシリーズです。
6回目は、教養費・娯楽費の2費目を続けて。

1回目→羽仁もと子家計簿の費目:副食物費
2回目→羽仁もと子家計簿の費目:主食費
3回目→羽仁もと子家計簿の費目:調味料費
4回目→羽仁もと子家計簿の費目:光熱費・住居家具費
5回目→羽仁もと子家計簿の費目:衣服費・教育費・交際費
6回目→羽仁もと子家計簿の費目:教養費・娯楽費
7回目→羽仁もと子家計簿の費目:保健・衛生費
8回目→羽仁もと子家計簿の費目:職業費
9回目→羽仁もと子家計簿の費目:特別費・公共費
10回目→羽仁もと子家計簿の費目:自動車費

IMG_0165

 

教養費

書籍代や新聞代など「教養」に関するものが当てはまります。
大人の習い事の月謝も含まれます。ただし、仕事に関係するものなら職業費に入れてもいいでしょう。
子供の習い事は、教育費に記入するのでここには含みません。

忘れがちなのが、NHK受信料です。
NHKをはじめ、スカパーなどのテレビ受信料は、この費目なのです。

それから間違えやすいのは、雑誌やレンタルCD、DVDも教養費であるということ。
娯楽費だと錯覚しそうですよね。
でも、図書館にも雑誌やDVDを置いてあることを考えると、それが教養費であることはしっくりくると思います。

 

娯楽費

読んで字のごとくです。
旅行や遊びの費用などが含まれます。

ここは、普段は切り詰めて(もしくはまったく使わないで)、年に1度、家族旅行に出かけるのも良いですね。

 

こうした、家族との楽しみをしっかり予算立てし、家計で管理しているところも、羽仁もと子家計簿の良さだと思っています。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です