【秋の大掃除】寒くならないうちに!キッチン換気扇&フードのお掃除をしました

だんだん秋が深まり、朝晩は肌寒くなってきましたが、
まだもっと暖かい初秋、キッチン換気扇の掃除をしました。

 

お恥ずかしながら、わたし、年末の大掃除はたいしたことしないんです。
忙しいから……というよりも、

ふき
寒いから!!動きたくない!
というのが理由です。(やっぱり恥ずかしいわ)

ただでさえ掃除嫌いなのに、寒いのはもっと苦手だから、もっと腰が重くなるという負のループ。

それじゃあ家の汚れ、溜まっていく一方ですよね?!

 

年末の大掃除をしない代わりに決めていること

最近では特に珍しくもないのかな。
大掃除は、夏〜秋にかけてやる!ということです。

秋はまだ空気が暖かくて汚れも落ちやすいとかの理由で、秋の大掃除、推奨されてますよね。

あとわたしは見てないんだけど、「秋カビ」なるものがすごいらしい。テレビ番組でやってたみたいです。(インスタ情報)

 

年末の大掃除の代わりにすること、もう一つ。
いろんな場所の細々掃除を少しずつ、こなしていくってことです。

 

わたしとにかく掃除嫌いなんですが、インスタ見てるとお掃除熱がむくむく湧いてくるから不思議。
子供の機嫌を見ながらで、毎日はできなかったりするんだけど、まあいつもどこかしらを掃除したり、たまに一箇所集中して大掃除したりを続けていたら、年末の大掃除は省いちゃっていいかなーと思っています。

 

ただし、子供の教育?というか慣習を教えるためには、年末大掃除って必要かもしれないけど。

 

そもそもキッチン換気扇の掃除は、大掃除なのかどうか

月1で掃除する人もいる箇所だから、これを大掃除に含めていいのかどうか疑問に思えてきましたが(笑)、掃除嫌いな自分にとっては大掃除の部類です。

というわけで、

まずは換気扇フードを拭き掃除

ラベルを剥がしてシンプルにしていますが、「セスキの劇落ちくん」をキッチンペーパーにシュッシュして、それで拭きあげていきます。

 

さすがセスキ炭酸ソーダ、べとついた油汚れとホコリを綺麗さっぱり落としてくれました。あとは、次回の掃除がしやすいようにラップで保護。ついでに、断捨離しようかなーと思っていたIKEAのフェイクグリーンを飾ってみました。いずれ油汚れでベトベトするでしょうが、断捨離候補だったから平気です。

 

アルカリ電解水は2種類持っていた

そういえば、無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」も持っているわたし。

セスキの劇落ちくんもアルカリ電解水(にセスキ炭酸ソーダ入ってる)だし、一体どっちの方がいいんだろう?と悩み、調べてみました。

 

結論……

よくわからなかった(笑)

でも使ってみた感じ、どちらもアルカリ性で、はっきりとした違いが分からなかったので、これからは無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」にしようかなと思いました!
レックの劇落ちくんも、ラベル剥がせばシンプルになって気に入ってたんだけど、半透明で残量が一目でわかるのもよかったんだけど、無印のボトルの方が好みだったというだけの理由です!

 

換気扇には2つの洗剤を使いました


換気扇、最初はオキシ漬けしようかと思ってたんですが、物によっては塗装が剥がれるとかで、やめておいたほうがいいと判断。

そこで、

  • ウタマロクリーナー
  • キュキュットクリア泡スプレー

を汚れの具合によって使い分けながら、お掃除しました!

 

油汚れのひどいパーツや、スポンジが届かないくらい小さな隙間があるパーツは、クリア泡スプレーでしばらく放置。

すると泡がだんだん茶色くなって……(!!!)
本当にキュキュッとなりました!すごいよこのスプレー!

ついでに、キッチンツールを引っ掛け収納してた「無印のフック」も泡スプレーして洗い流し。

こちらは、もう必要最小限だけを出しておくことにしました。

キッチンツールの引っ掛け収納も、やめやめ!そのほうがスッキリするわ〜(柳宗理の鍋だけは、穴から度々水漏れするので出しておきますが)

引っ掛け収納してたキッチンツールは一軍なんですが、キッチンツールスタンドに入れて、IH下の引き出しに入れてしまうことにしました。

使うときだけ、こうして↓出しておいてもいいかなーと考えてたんですが、

使うときに引き出しからさっと出すのも、意外と手間じゃないってことに気づきました。

肝心の換気扇の掃除

ここからが換気扇掃除のカナメな部分ですが、、

うちの換気扇は簡単に取り外せるタイプではなく、コインとかドライバーとかを使ってネジを外すタイプで。

説明書を読みつつ、ぐずり始めた子供たちをあやしつつ、で慌てていたため、写真撮ってません・・・

 

とにかく掃除の手順としては、

 

  1. スポンジが入らない細かいパーツは、泡スプレーで放置
  2. 基本的にウタマロクリーナー&キッチンペーパーで拭き掃除して水洗い
  3. それでも落ちないものは泡スプレー
  4. もしくはアルカリ電解水クリーナーを使うことも

と、臨機応変にやってみました!

何とか掃除し終えて、パーツを陰干しし、戻した後の清々しさといったら!

 

本当は、もっと頻回に掃除すべきなんだろうけど、やっぱり溜め込んでしまいそうなズボラーですが^^;

 

キッチン換気扇掃除、おしまい***




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です