夫のこづかいを上げて、生活費をもっと引き締めようと思います

いつも喧嘩などしない、わたしたち夫婦。

といっても、仲良し夫婦♡な訳ではなくて、のんびりした夫の性格のおかげです。

 

いつもわたしがカリカリ

夫は我関せず、という感じ
↓
そのまま、わたしがだんまり。しばらくして機嫌が直る

 

という感じで、特に謝るとかいうこともありません。

まあ言い換えると、大して非のない夫ということですかね。
ノロケではありませんよ^^;

でも、今日は少し喧嘩してしまいました。

 

 

お金のことで少しピリピリした空気に

最近、夫が「後輩に一万円借りてるから返さないと〜」「誰それに一万円返さないと〜」と言っていたんです。
それで、銀行からおろしてもらったり、一万円手渡ししたりしていたんですね。

それなのにまた、「一万円ちょうだい」と。返さないといけないんだと。

最近、そういうの多くない?と問うと、「多くない。今まで言っていただけで、お金はもらってない」と言うのです。

え、でもこの前渡したよね?おろしたよね?

と聞いても、「もらってない。」の一点張り。

家計簿見せて説明しても、「そうだったっけ?でもさ、昼飯にも使うしすぐなくなる」んだとか。

※わたしはお弁当を作って持たせたいんですが、お客さんと打ち合わせに出ることも多いから、外食がいいんだそうです(´・_・`)

 

しまいには、「朝から夜遅くまで仕事頑張って、昼飯代も節約してるのに…」と独り言。

ここでわたしがピキーン!とキレてしまいまして。
子供に作ったパウンドケーキを「一つ食べていい?」と聞いてきたのに「食べるな!」と怒鳴ってしまいました。

それからしばらく、冷戦状態に^^;

 

でもね、冷戦状態のあいだに、わたしも頭を冷静にして考えたわけですよ。

確かに、夫は頑張って働いてきてくれている。
わたしは土日もなく家事と育児をしているけれど、昼間はゆっくり子供と遊んだりソファに座ったりできるわけで、ストレスもほとんどない。

夫の稼ぎがなければ、暮らしていけない。
(もっとも、夫は”妻に家にいてもらいたいタイプ”なんですが)

夫にも付き合いというものがある。
しかも、年齢が上がって役職もつけば、それなりにおごってあげるのも必要になるし、大事なことですよね。

わたしが悪かったなぁ。

ということで、おこづかいを2万プラスすることにしました。

 

夫のおこづかいをアップして、家計を引き締める作戦

本当はお小遣い分を貯金にするのが一番なんですが、夫のモチベーションを上げるのも大切だと思います。

そして、その分わたしが今まで以上に、家計をしっかり締めていこうと決意しました。

夫は夫で、おこづかいが余ったらたまに、ケーキを買ってくれたり外食をおごってくれたりしますから^^
貯金も大事だけど、みんなが幸せな形になるほうがもっと良いですもんね。

kakei
最近の支出まとめて記録します。

16〜19日の支出

副食物費:2,519円
主食費:298円
衣服費:紙おむつ 1,498円
計:4,315円




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です