食べ過ぎた日の夕飯は、糸こんにゃくでカロリー調整しています。

間もなく、妊娠後期。

妊娠中って、普通より控えめに食べていても体重がどんどん増えていきます。

あまり急激に増えると、助産師さんから注意されることも。

実際わたしも、注意を受けたことがあります。

本当は、少なめをちょこちょこと食べて血糖値を上げないのが良いんだそうです。
でも常に子供と一緒なので、ちょこちょこ食べは難しい…。

しかも毎日粗食というのも現実的に無理な話で(誘惑に弱いから)、外食したり食べ過ぎたりしてしまうこともあります。

 

糸こんにゃくでカロリー調整

ただでさえ、ご飯は2歳の息子と同じ量(80〜100g)にしているんですが。

食べ過ぎた日は、夕飯の主食を納豆か、糸こんにゃくに代用するようになりました。

レビューが高い糸こんにゃくです。

 

300gとのことですが、なかなかのボリューム。
DSCF1937

iPhone5と比較すると、こんな感じです。
DSCF1938

これを、その日のおかずの量やお腹のすき具合と相談しながら、一袋一気に食べてしまったり半分だけにしたりしています。

一袋一気に…といっても15kcalしかないので、罪悪感はゼロ^^

 

クセがないので、バリエーション豊富

こんにゃく自体、クセがないのでいろんな料理に使えますが。
これはさらに臭みが少なく、そのままでも食べられるようです。

ある日は、わかめうどんの代わりに糸こんにゃくにしてみたり。
IMG_2088

 

そしてまたある日は、細かく刻んでレンジで加熱し、水分を飛ばしてカレーライスにしてみたり。
(少量のご飯&キャベツの千切りと共に)
IMG_2160

カレーライスや丼ものなど、ご飯をたくさん食べてしまいそうなメニューのときには、刻んだ糸こんにゃくが重宝します。
このとき、すべて糸こんにゃくにするのではなく、ご飯も少し混ぜるのがポイント。
ご飯も一緒に食べたほうが、食べ応えがある気がするからです。

ご飯を炊くときに、刻んだ糸こんにゃくを一緒に炊き込む方法もありますが、わたしは
刻んで、チンして水分を飛ばして、ご飯と混ぜて食べる方法です。

家族のと分けて炊くのが、ただ単に面倒なので^^;

 

 

すぐ満腹になる!でも空腹になるのも早い…

こんにゃくは、そのほとんど(97%)が水分なので、満腹になりやすいです。

そして商品ページでは、腹持ちもいい!とうたわれています。

でもわたしは、空腹になるのが早いな〜という気がしています。

息子と一緒に、18時半くらいには夕飯を食べ終えるからかもしれませんが^^;
21時頃にはもう、お腹がぐうぐう鳴る状態なんです。

けれど今は、我慢がまん。
妊娠中だからダイエットは厳禁ですが、こうしたカロリー調整は多少は必要なんだと思っています。
夜ですしね。朝昼はしっかり食べているので。

 

こんにゃくは便秘解消にも効果があった

不溶性食物繊維が豊富な、こんにゃく。
さらに水分もたっぷり含んでいるので、便秘にも効果があるようです。

実際、わたしも糸こんにゃくで代用したときは、その日のうちにすっきりすることも多々あります。

 

カロリーもほとんどない上に、嬉しい恩恵ですね。

ただし食べ過ぎると、かえって便秘になってしまうようなので、注意が必要です。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です