フローリング床に布団、意外と快適だった!

我が家は、夫婦+2歳児の3人暮らしです(今のところ)。
以前はセミダブルベッド+シングルベッドで寝ていたんですが、息子が1歳半くらいになったとき、布団に変えました。

その理由としては、まあありがちですけど

  • よく寝返りするので、ベッドから落ちるのが心配
  • 寝ぼけて落ちそうになったことも何度かある
  • セミダブルでは手狭になった(セミダブルに母子、シングルに父が寝ていました)

などです。

 

その後、10年使ったシングルベッドは処分しました。
セミダブルベッドは、まだ色々と出番があるので、捨てずにとっています。

  • 夫が体調不良のとき
  • 私と息子が帰省中、夫が一人暮らし状態のとき
  • たまに、私と息子とでお昼寝するとき

そして普段は、シングルサイズの布団を3枚並べて、広々と寝ています。

 

 

でもフローリング床に布団って、どうなの?

フローリング床の上に布団は、湿気で床がダメになりやすい、とか聞いたことありませんか?

実際、わたしもずっと気にしていました。
だからギリギリまで、ベッド生活で粘っていたのです。

せっかくの無垢床なので、カビたりしたらショックですから。

そこで色々とリサーチした結果、

  • 折りたたみ式のすのこベッドに布団で、毎日陰干しできる
  • 敷き布団の下に除湿マットを敷く

などの手があることを知りました。

しかしすのこベッドは、いくら薄いといっても場所をとるな〜というのがデメリットに感じました。
それで、後者の除湿マットを使うことにしたのです。

 

西川のからっと寝

布団で有名な、西川さんの敷きパッドです。
ベッドや敷き布団の下に敷いて使うものです。

我が家は、汗っかきな夫はシングルサイズを縦に。

まだ小さい息子と、わたしの布団の下にはダブルサイズを横向きに敷いています。

これの効果かどうかは不明ですが、フローリング床に布団の生活をして1年経つ今も、カビなど生えずに快適です。

もちろん布団は毎日あげますし、マットも普段は筒状にして立てかけたりと、通気良くするよう気をつけています。

 

それでもマットはしだいに湿気を吸っていくので、2週間おきに天日干しするのを推奨されています。

 

毎年、梅雨の時期は大変です

梅雨の時期は、雨が降らなくてもジメジメしていて、除湿マットにも湿気がたまっていくのがわかります。
そしてなかなか天日干しできないので、悪循環なんです。
IMG_2126
こういう吸湿センサーが付いていて、天日干しの目安が分かるようになっているんですが、去年の梅雨は、これがなんとピンク色に変わりました。
ピンク色に変わることって滅多にないんです。
1年間のうち、ピンク色を見たのはそのときだけでしたから。
今年は幸い、まだ目にしていません。

それでも、写真のようにグレー色に変わっています。

 

昨日は、台風の前の静けさなのか、久しぶりにとても良いお天気でした。
だから久々に天日干しできました〜。
IMG_2125
日光にじゅうぶんに当てると、昼過ぎには…

鮮やかなブルーに元どおりです。
IMG_2127

このマットがあるおかげで、フローリング床でも快適に布団で寝られます。

 

ちなみに無垢床は、なんとなく柔らかい感じがするため、合板のフローリングよりも寝やすいです。
合板のフローリングだと、硬くて体が痛くなるんですよね。

 

ベッドよりも快適かもしれない、布団生活

床の上に直接寝るため、ホコリなど気になると思っていましたが、実際寝てみるとちっとも気になりません。
もちろん毎日掃除機かけているから、かもしれませんが。

ベッドだと奥の方が掃除しにくかったりしますが、布団は畳んであげてしまえるので、かえって掃除しやすくなりました。

また、除湿マット&布団だけなので場所もとりません。

朝にはまっさらな状態で、夜にまた綺麗に敷いて…ができるので、ベッドメイキングが苦手だったわたしには向いていると思います。

子供が小さいうちだからこそ、家族全員、川の字で寝られるのがいいな〜と感じています。

 

布団生活、快適です!(´∀`人)




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です