クレジット払いの管理方法

羽仁もと子家計簿の、それぞれの月の最終ページにこんな欄が用意されています。
IMG_0726

自由欄、とのことですが、わたしはクレジット払いの管理に使っています。

 

例えばこんなふうに。

使用日 適用 金額 カード 合計 引き落とし月
3/1 生命保険(夫婦まとめて) 10,000円 Rカード 4月
3/1 学資保険 10,000円 Aカード 合計 20,000円 4月
3/13 漢方薬 12,000円 Rカード 合計 32,000円 4月
3/17 楽天○○ショップ 7,000円 Rカード 合計 39,000円 5月

数ヶ月前までは罫線を引いていました。
でも最近は、その手間もはぶくために、線を引かずなんとなくで記入しています。

主に使っているクレジットカードは1枚なのです。その他、たまに夫が使う別のクレジットカードもあります。

これも、数ヶ月前までは各クレジットカードごとに合計を計算していたけれど、最近ではまとめて計算しています。

そうすると、クレジットをどれだけ使ったかが分かりやすいのです。
つまり来月以降に支払うべき金額が一目瞭然なので、使いすぎを防げるというわけ。

 

わたし流の使い方

月に2回ほど、クレジットカード会社のサイトで、明細をチェックします。
そして引き落とし月をメモしておきます。
まだ明細に出てこないものは処理が遅れているので、出てくるまで何度も確認する必要があり、少し面倒なときも。

それでも、使った詳細を把握しておくことは、使い過ぎはもちろん、カードを不正に使われたとしても早々に発覚できるのがメリットではないでしょうか。

 

クレジット払いをなるべくやめるようになってから

以前記事にもしましたが、クレジット払いはなるべくやめています。

ポイントが貯まってお得だとずーっと信じていましたが、使い過ぎると、支払いに四苦八苦することになり、元も子もないんですよね。

クレジット払いをなるべくしないことで、無駄な出費は減ったし、クレジット払いのチェックも楽になって、良いことずくめです。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です