バターカッターを使うと、バターを10gずつに切り分けるのがすごく簡単でした

少し前まで、バターが店頭から消えてしまっていましたが、最近また見かけるようになりましたね。

最近はパンも焼かないし、バターを使うお菓子も作らないので、無塩バターを買うこともありません。
でも普通のバターは、たまに料理に使うこともしばしば。

少しずつ使っていたバターがなくなったので、また買ってきました。

 

バターは10gずつに切り分けておくと便利

だいたい、バターって10g単位で使うことが多いですよね。

だから、前もって切り分けておくととても便利です。
最初から切り込みの入った商品もありますが、割高なので、いつも200gの塊で買います。

けれど、切り分けるのに包丁を使うのはすごーーく面倒くさいですよね。
包装紙に載っている、10gずつのガイドラインに沿って切ることはできますが、

  • 包丁にバターがくっつくし
  • 手はベタベタになるし
  • そうこうするうちに、ガイドラインがずれていくし

で、うまくカットすることができません。
それどころかストレスが溜まるばかり…。

 

 

バターカッターという便利なキッチングッズ

バターを頻繁に使わないので、買うのを躊躇していました。
でも、ストレスを減らせるなら…と、バターカッターを買うことにしたのです。

使い方

バターは、前もって室温に30分放置しておきます。
柔らかくしてカットしやすくするためです。
これは、包丁で切る時も同じですね。
IMG_1483

 

バターの包み紙を一気に開けます。
そしてちょうどよいバランスを見ながら、バターカッターを乗せます。
IMG_1484

 

左右をつかみ、ぐーっと押していくだけ。
室温で柔らかくなっているので、力はほとんど要りません。
IMG_1485

カットしたバターは、琺瑯容器に入れて冷蔵庫へ。
IMG_1486

そこそこ、いいお値段するので悩みましたが、買ってよかったです。
(楽天で買いました→らくらくバターカッター

  • バターを切るのは一瞬で済むし
  • ワイヤーがステンレスなので、洗うのも意外と楽だし(食洗機は不可のようです)
  • もろもろのストレスがないし

と、活躍する回数は少ないものの、大満足のキッチングッズでした。

 

料理にすぐ使える

すべて約10gにカットして、琺瑯に入れてスタンバイしているため、料理中も使いやすいいです。

それにパンやお菓子と違って、その量はだいたいで良いですし。
たとえレシピに「バター大さじ1」と書かれていたとしても、バター大さじ1=約12gなので、わたしは切り分けた10gを使います。

 

今夜、さっそくこのバターを使ってレモンバターソースを作るつもりです。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です