寝室の時計は、視力が悪いから特大サイズ仕様です。

わたし、視力がとても悪いのです。
どれくらいかというと、裸眼でお風呂に入るのも恐ろしいくらい。
視力は0.02です。さらに乱視入り。

朝起きて洗顔後、すぐにコンタクトレンズを装着し、お風呂から上がったらメガネをつけています。
もちろん寝るときは外します。

だから子供がもっと小さい頃、夜中に泣いて起きたときに、さっと時計が見れずに困っていました。

そこで、どでかい時計を設置したらどうだろうと考え、探して購入して取り付けました。

直径60cmの時計

これが、我が家の寝室の時計です。
何気ない小鳥のデザインが気に入っています。
DSCF1253
(楽天さんで買いました→はがせる壁掛けウォールクロック

もっと引いて撮ると、こんな感じ。
カーテンの丈が短いのは無視していただくとして、窓とのバランスで大きさがお分かりいただけるでしょうか。
DSCF1256

針の中心から数字までの間隔を、30cmとりました。
だから直径、60cm。小鳥も合わせると、だいたい70cmくらいですね。

 

このように、少し厚みのあるアクリル板で出来ています。
DSCF1257
「剥がせる」というキーワードが商品ページに記載されているわりに、両面テープなどはついていませんでした。
あれれ?

仕方がないので、ダイソーの「貼って剥がせる両面テープ」を使って自分で貼り付けました。

ただ、このテープも貼って剥がせる=跡が残らないのは何年後まで可能なのかはわかりません。

撤去したくなった数年後には、跡が残ってしまうかもしれない。
そういうリスクも頭に入れたたうえで、両面テープで貼っています。

 

で、裸眼でも見えるようになったのか?

そう、大事なところですね。
裸眼で見えるように大きな大きな時計を選んだのでした。

ところが…結局裸眼でも見えずじまいで( p′︵‵。)
問題解決できませんでした。

というのも、

  • 直径は大きいが、針の太さはたいして大きくないため、見えない
  • 針に細工して太くしたとしても、全体像もぼんやりとしか見えないので、意味がない
  • そもそも、豆電球すら消して真っ暗なので、月明かりのみの明るさだから見えにくい

など、どうやらこのサイズでも、わたしの視力には太刀打ちできなかったようです。

とりあえず今は枕元のスマホで時間確認していますが、できれば頭の近くには置きたくないので(電磁波が気になるから)、置き時計を用意しなきゃなあと考えているところです。

 

それでもお気に入りの時計です

目的の使い方はできませんでしたが、気に入っていることに変わりはありません。
DSCF1256

  • デザインがシンプルすぎず、ごちゃごちゃしすぎず、ちょうど良い
  • カーテンの柄とも合っている(葉っぱが)
  • 秒針の音がしない!これ寝室用にするならすごく大事ですよね
  • ちょこっと遊びのあるデザインと、大きめサイズが、寝室のポイントになっている

ま、結果オーライです^^めでたしめでたし。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です