赤ちゃんのための電動鼻水吸引器、ラクラク吸引できるコツとは?

赤ちゃん〜幼児期って、小さい鼻なのによく鼻づまりを起こすんですよね。

これまでは、口で吸うタイプの鼻水吸い器を使ってきました。

けれど、意外と肺活量を使うんですよね。
粘っこい鼻水のときは、頑張ってもなかなか吸い取れない。

わたしの不調時は、吸うことが辛くて、いつも夫に代わってもらっていました。

さらさらな鼻水の時は、比較的簡単に吸い取れますが、容器に溜まってくると逆流して、わたしの口に入りそうになったことも…(汗
↑溜めずにこまめに捨てなさい^^;

最近は、息子が鼻水を出すことが増えてきたのと、次に生まれる赤ちゃんにも使えるのとで、電動のものを買ってみることにしました。

 

 

電動鼻水吸引器「ベビースマイル」

まずは中身をご紹介します。
DSCF1855

  • 鼻水吸引器本体
  • 替えパッキン
  • シリコンノズル(替え1個付き)
  • 単3電池2個
  • 説明書など

替えのパッキンやノズルと、電池も入っているのがいいですね。
小さな心遣いを感じます。

説明書もイラストになっているので、理解しやすく使いやすいです。

 

電池は、底の蓋を開けて
IMG_2095

入れる仕組み。
大人は簡単に開閉できるけど、小さい子どもには難しい仕様になっています。
IMG_2096

肝心の鼻吸い部分も、シンプルなつくりです。
IMG_2097
吸ったあとは、簡単に分解して洗えるので、清潔です。

洗い方は、こちらの動画が参考になります。

 

使うとき、少しだけコツがいるかもしれません

ベビースマイルが届いたとき、まだ息子は鼻垂れ小僧だったので、早速使ってみました。

ところが、ちっとも吸えない。
さらに、そのモーター音にびっくりして嫌がられました(初めての物だもの、そりゃそうですよね)。

吸えないのはどうして?と、よくよく説明書を見てみたら、

  • シリコンノズルをしっかりはめること
  • 吸引カップを、カチっと音がするまできちんと取り付けること

などの注意点があったようです。

それらの点に注意して、再度チャレンジ。

 

が、やっぱり吸えなーい。

うーん、うーん。

 

何度もやってみるうちに、なんとかコツがつかめてきました。

大事なポイントは

  • シリコンノズルが顔と直角になるように当てる
  • やさしく向きを変えてみる
  • 鼻の穴をぴったりとふさぐようにする
  • お風呂上がりなど、タイミングを見計らう

などのようです。

 

音にも、そのうち慣れる

電動なので、スイッチオンにするとモーター音が鳴ります。
特にうるさくはなく、携帯のバイブ音と同じくらいです。

でも初めて見る物だし、音を出しながら鼻にノズルを入れられたら、そりゃあ警戒しますよね。
息子も最初のうちは逃げ回っていました。

けれどそのうち、この器械で鼻水を吸引して気持ちよくなる、ということが理解できたようです。
「お鼻、ジューしようか」と言うと大人しく待っていられるようになりました。

 

音さえクリアすれば、子どもにも親にも負担がないのですごくラクに鼻水吸引ができます。

それに、親でなくても大人なら誰でも吸引できる(口をつけなくていい)ところもメリットですよね。
例えば、ばあばに子どもを預けたときにでも使えるということです。

 

今後、生まれてくる赤ちゃんにも大活躍してくれることでしょう。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です