ダイソーの毛糸を使って、[アクリルたわし]を編んでみた感想

以前、キッチンスポンジを使い比べて、スコッチブライトの使い心地に感動したんですが。
(→キッチンスポンジ3種を使い比べてみた結果

わたしの使い方が悪いのか、あまり耐久性がよくないのです…。
いえ、悪いんだと思います。

包丁などの刃物を洗ったとき、その角でいつの間にかスポンジを傷つけているようで、ボロボロと穴が開いてきてしまいました。
(お見苦しいので写真は割愛します)

結局、1ヶ月くらいで買い換えることに。

これではコスパがよくないぞ、ということで、再びアクリルたわしに注目してみることにしました。

 

アクリルたわしはイマイチだった

そう、前回使ったとき、泡立ちも泡持ちもよくないし、乾きにくいし、細か〜い傷がつくらしいしで、自分には合わないと感じていたんです。

でももう一度、考え直してみると

  • 泡立ち・泡持ちがよくない → 洗剤のせいもあるかもしれない。でも洗剤は変えるつもりがないので、ちょっと様子を見てみる。コツをつかめるかもしれない。
  • 乾きにくい → 自分で厚さを調整して編めば良いのでは?
  • 細かい傷がつくらしい → それで困るほど高価な食器は持ってないから、気にしなくていいのでは?

という結論に達しました。

実際、すてきな生活をされている方々は、アクリルたわし愛用者が多いのです。
しかも食器だって、良いブランドのものを使っていらっしゃるし。

臆することなかれ!

ということで、アクリルたわし再チャレンジです。

 

アクリル毛糸はダイソーで入手しました

コスパも考えるため、自分で編みます。
材料の毛糸はなるべく安く抑えたいので、100円ショップダイソーさんで購入しました。
(もしかして手芸屋さんのほうが安かったりするのかな?今度チェックしてみます)

アクリル毛糸の中でも落ち着いた色を選びました。
(本当に気に入った色は、ウール100%だった…)
DSCF1098

これを、かぎ針7番で編んでいきます。

かぎ編みなんて20年ぶりくらい!
全然覚えてないので、ネット検索しましたよ。

参考にしたのはこのサイト。
(→かぎ編みをはじめよう

 

編み方もいくつかあるようですが、一番簡単なこま編みで編みました。

15目ずつ編んで、列数は適当。
最初は勘が戻らずに、何度かやり直しました。

そしてとりあえず2個、完成!
DSCF1099

右側が第一号、左側が二号。
引っ掛けるフックを作るのを忘れていて、一号のほうは完成後に毛糸をピッと引き出しました。
たぶん、ほつれてくるのも時間の問題…。

なかなかいびつな仕上がりですが、味ということで^^;
まあ自分しか使わないわけですしね、これでOK。(大雑把な性格が出てます〜)
数をこなせば上達するでしょうしね。

 

編んでみた感想

久々の編み物は、とても楽しかったです。
子供の相手をしながらでも、15分くらいでささっと編めちゃうので、ちっとも大変じゃないし。
むしろ、いい息抜きになります。

かぎ編みをしていたのは、小学生のころ。
祖母に習ってマフラーを作りました。
でも当時は、「売っているのより重いし、なんか編み目もおばあちゃんぽいし、微妙〜」と思っていたんです^^;

ところが歳を重ねると、その可愛さが分かってくるものなんですね。

 

糸はまだ残っていて、あと2個編めそうです。
まずは第一号を使ってみて、サイズ感などを確認しようと思います。

そして今度は他の色も入れて、ボーダーや十字架などの柄も入れてみたいな。




お読みいただき、ありがとうございます。




↓1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です